ゆず薬局

健康情報のご紹介

【健康管理士一般指導​員】メールマガジン2​016年4月号

(※メールマガジンの内容はゆず薬局で抜粋して掲載しています。)

こんにちは。
日本成人病予防協会です。

今の時期は気温の変化や環境の変化によって、自律神経のバラ
ンスが乱れたり体調を崩しやすい季節でもあります。

自律神経を整えるためには、バランスのとれた食事、ウォーキ
ングなどの軽い運動、ぬるめのお湯(38~40℃くらい)での半
身浴などが効果的です。

冬は寒さであまり体を動かさなかった方も多いのではないかと
思いますので、春の日差しを浴びて、周りの景色を楽しみなが
らウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=
≪旬の食材≫
旬の食材は、おいしく、栄養価も高く、しかも経済的です。
本来の収穫時季にとれたものを食べるのは、体調を整えるため
にも大切なことです。
「旬」の食材を取り入れて健康づくりにも役立てましょう。
※旬の時期は地方や天候により前後します。

●おかひじき
おかひじきは北海道から九州の海岸砂地に自生する植物です。
ビタミン類、ミネラル類が豊富で陸の海藻とも呼ばれています。
特に、カルシウムはほうれん草の数倍含まれています。おいし
く食べるポイントは、緑色が鮮やかで葉がシャキッとしている
ものを選ぶことです。茎や葉の柔らかい部分をさっとゆでて、
おひたしや和え物にするのがおすすめです。

●そらまめ
そらまめは植物性タンパク質を含み、ビタミンB1、B2、C、葉
酸などのほか、カリウムや鉄も豊富です。そのため、疲労回復
や貧血予防によいとされています。さらに食物繊維も豊富に含
んでいるので、便秘解消にも役立つ食材です。そらまめは、さ
やから出すと鮮度が落ちるのが速いので、できるだけさや入り
のものを選ぶようにしましょう。

●紫蘇(シソ)
紫蘇(葉)は特にカロテンが豊富に含まれています。カロテン
には抗酸化作用があるので、環境の変化などのストレスで体調
を崩しやすいこの時期は、積極的に取り入れたい栄養素です。
また、紫蘇といえば爽やかな香りですが、これは「ペロアルデ
ヒド」と呼ばれるもので、防腐・殺菌作用を持っています。
これから暖かくなって食中毒が気になる季節になりますが、
紫蘇を使って工夫してみるのもよいですね。

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
1. 新聞掲載健康関連情報      new!!
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

朝日新聞・読売新聞に掲載された健康関連の新着情報を月に1度
お送りします。

●メタボ健診、腹囲基準未満でもリスク2倍…脳卒中や高血圧など
因子1つで(2016年4月6日 読売)
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健
診で腹囲が基準(男性85センチ、女性90センチ)に満たなくて
も、高血圧などの危険因子が一つでもあると、脳卒中や心筋梗塞
の発症リスクが約2倍になるとの調査結果を、厚生労働省研究班
が厚労省の有識者検討会で発表した。これを受け、2018年度の
メタボ健診の指針見直しに向け、具体策を話し合う。

●世界の糖尿病患者は4億22000万人 成人の8.5%
(2016年4月7日 朝日)
世界保健機関(WHO)は6日、世界の糖尿病患者数が2014年現
在で推計4億2200万人に達しているとの研究結果を明らかにした。
1980年時点の1億800万人から大幅に増え、成人人口に占める割
合は80年の4.7%から14年は8.5%に増えた。所得が低い国々の
方が高い国々よりも速いペースで患者数が増えている。また、
12年の時点で150万人の死亡原因になっているほか、高血糖によ
り220万人が死亡したとしている。糖尿病は、失明など生活の質
を落とす原因にもなっている。

●「健康重視」中小企業を認定…経産・厚労省、500社目標に
(2016年4月7日 読売)
経済産業省と厚生労働省は今年秋、社員らの健康作りに力を入れ
る「健康経営」に取り組む中小企業を認定する制度を創設する。
国内企業の大半を占める中小企業が健康作りを通じて生産性の向
上や組織の活性化を図ることを両省は後押しし、医療費の抑制に
つなげる。政府が6月頃にまとめる新成長戦略に盛り込み、2020
年に1万社の申請と500社強の認定を目指す。

●栄養バランス良い食事で、死亡リスク15%低く
(2016年4月7日 読売)
栄養バランスの良い食事をとっている人ほど、死亡リスクが減
るとの調査結果を国立がん研究センターなどのチームがまとめ
た。チームは、全国45~75歳の男女約8万人を1990年代後半か
ら平均約15年間追跡。食生活に関するアンケートを行い、国の
「食事バランスガイド」の内容を守っている程度に応じて4群に
分けて、死亡との関係を調べた。期間中に、1万183人が死亡し
た。食事バランスガイドを最も守っていた群は、最も守っていな
い群に比べて、死亡リスクが15%低かった。病気別では、特に
脳卒中などの脳血管の病気による死亡リスクと、強い関連が見ら
れた。中でも、肉や魚、卵、大豆料理などの主菜が適量で、果
物の摂取が十分だった人で、死亡リスクが低かった。

●後期高齢者の保健指導、「メタボ」より「虚弱」が重要…厚労省
(2016年4月13日 読売)
後期高齢者の保健指導にとって最重要なのは「虚弱(フレイル)
」対策とする提言を、厚生労働省研究班が12日、発表した。同
省は、有識者検討会で具体策を練り、2018年度から全国展開を
目指す。現役世代の健康対策としては、「メタボリックシンド
ローム」(内臓脂肪症候群)など肥満対策が重視されているが、
研究班は、75歳以上の後期高齢者に着目。国内の高齢医学分野
の研究を複数分析したところ、肥満よりも、栄養不足に伴って
体力、認知機能などが低下する「虚弱」の深刻さが浮かび上が
った。

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
2.健康コラム【エコノミークラス症候群に気をつけましょう!】 new!!
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

先日熊本で大きな地震があり、連日各地で大きな被害が出ている
と報道されています。被災された地域の皆さまへは心よりお見舞
い申し上げます。
さて、連日エコノミークラス症候群で病院に運ばれる方が多いと
叫ばれています。
エコノミークラス症候群は、飛行機のエコノミークラスなど、狭
い空間に同じ姿勢で長時間過ごした時に生じやすいことから、こ
のように呼ばれていますが、一般的には「深部静脈血栓症」と
「肺血栓塞栓症」を指しています。
日常生活の中でも起こりうる病気なので、日頃から気をつける
ようにしましょう。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
エコノミークラス症候群って?
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

●深部静脈血栓症
長時間座り続けた結果、血行障害によって下肢の静脈に血栓が
できて血管に詰まってしまうものです。

症状・・・下肢が赤く腫れる、痛みやだるさが生じる など

●肺血栓塞栓症
下肢の静脈にできた血栓(深部静脈血栓)が、静脈壁からはが
れて血流にのって移動し、肺の血管が詰まってしまうものです。

症状・・・激しい胸の痛み、心拍数の増加、呼吸困難 など

血栓が小さく軽症であれば血栓を溶かす処置で済みますが、
重症になるとすぐに心停止になり、血栓が溶かしきれず回復が
難しい場合もあります。そのため、まずは血栓が起こりにくい
ように普段から血行をよくすることが大切です

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
予防法は?
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

(1)水分摂取
水分不足になると、血液がドロドロの状態になり血栓を生じやす
くなります。特に高齢者は「喉が渇いた」という信号を脳へ送る
速度が低下してきます。そのため、喉が渇いているのに気付かず
水分不足に陥りやすくなります。「喉が渇いたら…」ではなく、
少しずつこまめに水分をとる習慣をつけるよう心がけましょう。

(2)運動をする
運動でも、特に足を動かすことが重要です。
足を組み替えてみたり、足の指でタオルを引き寄せる動きを行
ったり、こまめに立ち上がって周囲を歩くなどするとよいでし
ょう。
また、動くことが難しい場合は足を手でマッサージしてもよい
でしょう。足の指と指の間を広げる、ふくらはぎをもむ、太腿
をさするなどがおすすめです。

また、既に血栓症と診断されている方は、上記の2点に気をつけ
ていただくことは勿論、医療用の弾性ストッキングを利用する
のもよいでしょう。
ただし、主治医にも相談の上、用法をしっかりと守って使用す
るようにしましょう。

 ●○●———————————————————
特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル
TEL:03-3661-0175
E-mail:news@japa.org
Homepage:http://www.japa.org/
———————————————————-●○

FAX申込用紙