ゆず薬局

健康情報のご紹介

【健康管理士一般指導​員】メールマガジン2​016年5月号

(※メールマガジンの内容はゆず薬局で抜粋して掲載しています。)

こんにちは。
日本成人病予防協会です。

早くも気温が25℃以上の夏日になる日もありますが、6月から7月
は1年で最も紫外線が多くなる時期です。
6月は梅雨の時期で天候が悪いので、あまり気にしない方も多いか
もしれませんが、梅雨の合間の快晴の日は、真夏よりも多くの紫外
線が降り注いでいるのです。

外出する際には、日焼け止めをしっかり塗る、日傘や帽子を使用す
る、なるべく日影を歩くようにするなど紫外線対策を行いましょう。
日傘は、直射日光の90~95%を遮ってくれます。
また、最近では紫外線をカットする素材を使ったシャツなどもあり
ますので、利用してみると良いでしょう。

また、紫外線による肌のダメージを防ぐために、メラニン色素の
生成を抑えるビタミンC、細胞の酸化を防ぐビタミンEをしっかり
取るように心がけましょう。

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=
#=#=#=
≪旬の食材≫
旬の食材は、おいしく、栄養価も高く、しかも経済的です。
本来の収穫時季にとれたものを食べるのは、体調を整えるため
にも大切なことです。
「旬」の食材を取り入れて健康づくりにも役立てましょう。
※旬の時期は地方や天候により前後します。

●枝豆
枝豆は大豆の未熟豆のことを指し、豆と野菜の両方の栄養的特
徴を持った緑黄色野菜です。タンパク質、ビタミンB1、ビタミ
ンB2、カルシウム、カリウム、鉄分、食物繊維などが豊富に含
まれています。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、新陳代
謝を促します。また、枝豆のタンパク質に含まれるメチオニン
はビタミンB1、ビタミンCとともにアルコールの分解を促し、
肝機能の働きを助けてくれるため、お酒を飲む際のおつまみと
しておすすめです。

●トマト
トマトは、ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くな
る」ということわざがあるほど健康によい野菜です。トマトの
赤い色はリコピンという色素によるもので、リコピンには強力
な抗酸化作用があり、老化を防ぐ作用や、肌や皮膚を若々しく
保つ美容作用、がん予防など多くの働きが注目を集めています。
またトマトには、風邪の予防に効果的なビタミンC、脂肪の代
謝を円滑にするビタミンB6、高血圧予防に役立つカリウムなど
の栄養素が豊富に含まれています。さらに、水溶性食物繊維の
ペクチンが含まれ、便秘を改善するほか、老廃物や有害物質を
排出する働きを促進します。

●カツオ(鰹)
カツオには、初夏に食卓を賑わす「初鰹」と、秋には北太平洋
で豊富な餌を取り、南下してくる「戻り鰹」の二度の旬があり
ます。カツオは、良質のタンパク源であり、特に血合いにはビ
タミンB1や、ビタミンB6、B12、ナイアシンなどのB群、鉄分な
どのミネラル類を多く含んでいます。ビタミンB群は、糖質や
脂質、タンパク質をエネルギーに変えるためには欠かせない栄
養素です。カツオのたたきなどによく使われるタマネギやニン
ニクには硫化アリルが含まれ、ビタミンB1の吸収を促すため、
栄養面でも良いとりあわせです。また、DHAやEPAなどの不飽
和脂肪酸、コレステロールを減らし肝機能を高めるタウリン
も豊富に含まれています。

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
1. 新聞掲載健康関連情報      new!!
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

朝日新聞・読売新聞に掲載された健康関連の新着情報を月に1度
お送りします。
是非、ステップアップにお役立て下さい!

●メタボ健診、腹囲重視を見直し…厚労省方針
(2016年5月11日 読売)
厚生労働省は、特定健診(メタボ健診)で腹囲が男性85センチ
以上、女性90センチ以上でなくても、血圧や脂質、血糖に異常
があれば保健指導の対象とする方針を決めた。現在は腹囲が基
準以上であることが指導の前提になっており、やせていても生
活習慣病などのリスクがある人が指導対象から漏れていた。
2018年度から実施する。現行の特定健診は、腹囲が基準以上
で、血圧や脂質、血糖のいずれかに異常があれば、保健指導の
対象になる。新制度では、これらの項目に異常があれば、腹囲
が基準以下でも、新たに設ける「非肥満保健指導」の対象とし、
保健師らが食生活の改善指導などを行う。

●高齢出産で腰の骨折多発…妊娠、授乳に伴うカルシウム不足補
えず(2016年5月12日 読売)
晩婚化などで高齢出産(35歳以上)が増える中、出産前後に腰
の骨を圧迫骨折するケースが目立つとして、大阪市立大病院の
研究チームは、出産が母親の骨に与える影響の本格調査に乗り
出した。妊娠、授乳に伴うカルシウム不足を十分補えず、骨が
もろくなっているとみられる。こうした母親は授乳制限が必要
だとしている。

●エゴマ油摂取+脳トレ=認知症予防効果…プログラム事業化へ
(2016年5月17日 読売)
エゴマ油を摂取して脳活性化トレーニング(脳トレ)を行うと、
認知機能に関わる前頭葉の機能が改善することが、公益財団法
人しまね産業振興財団(松江市)と島根県立大(浜田市)など
の実証試験で裏付けられた。同財団などは「認知症予防に効果
が期待できる」として、エゴマと脳トレを組み合わせた認知症
予防プログラムの事業化を目指す。

●体内生成「プロテインS」が糖尿病進行抑制…三重大、
マウス実験で確認(2016年5月19日 読売)
体内で生成されるタンパク質「プロテインS」に、糖尿病の進
行を抑制する働きがあることを突き止めたと、三重大大学院医
学系研究科の研究チームが発表した。三大合併症の一つ「糖尿
病腎症」にも効果がある可能性があり、同チームは新たな治療
法開発につなげたいとしている。プロテインSには血液の凝固
を抑制する機能などが確認されていたが、糖尿病との関係はこ
れまで判明していなかった。研究チームは糖尿病状態にしたマ
ウスにプロテインSを投与するなど実験を重ねた結果、β細胞
の破壊を抑える働きが確認され、血糖値も上昇しなかった。

●日本人の健康寿命、74.9歳で世界一…医療水準の高さを裏付け
(2016年5月20日)
世界保健機関(WHO)が19日に発表した「世界保健統計」で、
2015年の日本人の平均寿命は83.7歳、日本人女性の平均寿命
は86.8歳でともに世界一だった。男性は80.5歳でイタリアと
並んで6位だった。また、健康上支障なく日常を送れる期間を
示す「健康寿命」も74.9歳と世界一で、日本の医療水準の高
さを裏付けた。世界の平均寿命は71.4歳だった。

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
2.健康コラム【かかりつけ薬剤師を活用しましょう】 new!!
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

2016年4月から「かかりつけ薬剤師」制度が始まりましたが、
「かかりつけ薬剤師」という言葉をご存知でしょうか?
今回は「かかりつけ薬剤師」制度の概要について説明します。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
かかりつけ薬剤師って?
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

2016年の診療報酬改訂により、「かかりつけ薬剤師指導料」とい
う項目が新しくできたことで、かかりつけ薬剤師制度が始まりま
した。
「かかりつけ薬剤師」というのは、複数の施設から処方される薬
であっても一元管理し、体調や食事の管理など健康全般の相談が
できる薬剤師のことです。
薬を処方した医師とも連携し、服薬状況や体調の変化を把握し、
必要に応じて医師に報告・相談します。

患者自身が、信頼のおける薬剤師を選び、自分が服用している薬
のことを把握してもらい、薬局の営業時間外(24時間対応)で
も、何かあった場合に相談や適切なアドバイスを受けることが可
能です。

【かかりつけ薬剤師の役割】

・服薬情報の一元的・継続的把握
薬剤師は処方薬だけでなく市販薬や健康食品なども含め、複数
の病院から出されている薬についても飲み合わせや重複などを
チェックする。

・24時間対応・在宅対応
患者の急な体調変化などの緊急時にも、24時間対応する。

・医療機関等との連携
主治医と協力して治療を進めやすくする。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
かかりつけ薬剤師を利用するには?
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

患者自身が信頼のできる薬剤師を1人選び、書面で同意を交わす
ことで利用することができます。
ただし、このサービスを提供できる薬剤師は一定以上の経験や
知識(研修など)が必要となり、国に事前に届け出る必要があり
ます。そのため、調剤薬局によっては、限られた薬剤師しか該当
しない場合や、かかりつけ薬剤師が在籍しない場合があります。
かかりつけ薬剤師を希望する場合には、薬局で確認してみましょ
う。

【かかりつけ薬剤師利用のメリット】

・複数の診療科を受診した場合でも多剤・重複投薬を避けられる
・相互作用などを未然に防げる
・薬物治療を受けている間、薬の効果や副作用について継続的
に確認してもらえる

●かかりつけ薬剤師にかかる費用
薬局で薬をもらう際に、1回につき20円~100円の負担金が
生じます。

多少の費用はかかりますが、自分の薬のこと、体調のことをよく
理解してくれ、継続的に相談に乗ってくれる薬剤師の方がいると
安心できるかと思います。
かかりつけ薬剤師を上手に活用していきましょう。

 ●○●———————————————————
特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル
TEL:03-3661-0175
E-mail:news@japa.org
Homepage:http://www.japa.org/
———————————————————-●○

FAX申込用紙