ゆず薬局

健康情報のご紹介

【健康管理士一般指導​員】メールマガジン2​018年9月号

(※メールマガジンの内容はゆず薬局で抜粋して掲載しています。)

こんにちは。
日本成人病予防協会です。

夏の暑さが和らぎ秋の訪れを感じる季節ですね。
涼しくなった分、体を動かすのも苦ではなくなって
くるかと思います。
秋は「スポーツの秋」と言われるように、爽やかで
運動に適した季節です。

運動不足ぎみの方も、ウォーキングなど続けられそ
うな運動をみつけて、生活習慣に取り入れていきま
しょう。

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#
≪健康に役立つ食材≫
健康維持・増進のために役立つさまざまな食材
をご紹介いたします。

<肌荒れに役立つ食材>
★かぼちゃ
かぼちゃに豊富に含まれるβ-カロテンには抗酸化
作用があり、肌の老化を防ぎ、また、体内でビタミ
ンAに変換されて皮膚や粘膜の健康維持に役立ちま
す。また、細胞の新陳代謝を促し、美肌効果が期待
できるビタミンEや、メラニンの生成を抑えたり、
コラーゲンの生成を促進してシミやたるみの予防に
役立つビタミンCも多く含まれています。

★落花生
美肌に役立つビタミンEのほか、皮膚の炎症を防ぐ
ビオチンや、細胞の再生を助けて健康な皮膚の成長
を促進するビタミンB2が含まれています。また、
薄皮にはポリフェノールの一種であり、抗酸化作用
のあるレスベラトロールが含まれ、肌の老化を予防
します。

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
1. 新聞掲載健康関連情報      new!!
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

読売新聞、朝日新聞に掲載された健康関連の新着
情報を月に1度お送りします。
是非、ステップアップにお役立て下さい!

●ネット依存の中高生93万人…5年で40万人増
(2018年9月3日 読売)
オンラインゲームやSNS(ソーシャル・ネットワーキ
ング・サービス)をやり過ぎるなど、インターネッ
ト依存が疑われる中高生は全国に約93万人いるとす
る推計を、厚生労働省の研究班が31日、発表した。
スマートフォンが急速に普及したことなどを受け、
前回調査した5年前に比べ約40万人増加した。

●がんの3年生存率を初公表
(2018年9月12日 読売)
国立がん研究センターは12日、がんの3年生存率を
初めて公表した。部位別では、早期発見が難しい
膵臓が15.1%と最も低く、新たな治療法開発など、
難治性がん対策の必要性が改めて浮き彫りになった。
また、前立腺が99.0%、乳房が95.2%と高く、全て
のがんの平均で71.3%だった。

●100歳以上、6万9785人 48年連続最多更新
(2018年9月14日 朝日)
国内の100歳以上の高齢者は、「敬老の日」の15日時
点で6万9785人になる見込みだと、厚生労働省が14日
発表した。昨年より2014人増え、48年連続で過去最
多を更新した。女性が6万1454人と88.1%を占める。

●がん新患者101万人予測、最多の大腸2600人増
(2018年9月18日 読売)
国立がん研究センターは15日、2018年に新たにがん
と診断される人は国内で101万3600人という予測を発
表した。前年に比べ400人減と横ばいだった。ただ、
部位別にみると、前年に続き最多の大腸が2600人
(男性1700人、女性900人)増えた。2位以下は胃、
肺、乳房、前立腺の順で変わらないが、いずれも患
者数は減った。予測によると、新たにがんになる人
は男性57万4800人、女性43万8700人だった。

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
2.健康コラム【 日ごろの備えを見直そう! 】 new!!
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

毎年9月1日は「防災の日」です。
1923年9月1日に起こった関東大震災での大惨事の教
訓を生かし、防災の意識を高めようと1960年に「防
災の日」が制定されました。
毎年、防災の日には各地で災害を想定した訓練が
行われますが、皆さんは参加していますか?

近年、日本では大地震や台風などにより多大な被害
が発生しています。
皆さんは、いざという時の準備は万全でしょうか?
改めて防災意識を高め、しっかり準備をしておきま
しょう。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
災害時の予備知識
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

<緊急地震速報とは>

地震が発生した際に、強い揺れが来ることを気象庁
が事前に通知するものです。
地震発生直後に、各地への到達時刻や震度を予測し
てテレビ、ラジオ、携帯電話などを通じて発表しま
す。
緊急地震速報を発表してから強い揺れが到達するま
での時間は、数秒から長くても数十秒と短く、ま
た、震源に近いところでは間に合わないことがあります。

<災害発生時の避難情報>
災害が発生すると、各自治体から状況により3種類
の情報が発令されます。

●避難準備、高齢者等避難開始
災害発生の恐れがあり、避難勧告や避難指示が予想
される場合に、それに先立って発令されます。被害
が予想される地域の住民、特に高齢者など避難に時
間がかかる人は、避難を開始する必要があります。

●避難勧告
災害による被害が予想され、人的被害が発生する可
能性が高まった場合に発令されます。指定された緊
急避難場所など安全な場所への避難が勧められます。

●避難指示(緊急)
災害による人的被害の危険性が非常に高まった場合
や人的被害が発生した場合に発令されます。避難勧
告よりも拘束力は高く、直ちに避難を開始する必要
があります。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
日ごろの備え
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

突然起きる災害から命を守るためには事前の備えが必要です。

<地震への備え>
・自宅の耐震診断をする
(地盤のゆれやすさマップが都道府県から公開され
ているので事前に調べておきましょう)
・自宅の耐震補強をする
・寝室や避難路となる出入口付近には背の高い家具を置かない
・家具は転倒防止器具で固定する
・手の届くところに、懐中電灯、スリッパ、ホイッスルなどを備えておく
・窓ガラスには飛散防止フィルムを貼る
・職場に歩きやすい靴を置いておく
・避難場所や避難時の安否連絡方法を確認する

<大雨・台風への備え>
・屋根、塀、壁など自宅の危険箇所をチェックし、
補強などの対策をする
・側溝や排水溝の掃除をし、水はけをよくしておく
・ハザードマップで危険箇所や避難場所をチェックしておく
・近隣の建物や道路の状況を把握しておく

<ライフラインの停止や避難への備え>
・食料品や生活必需品などの備蓄品を準備し、定期
的に使用期限などをチェックする
・非常用持ち出し品をリュックサックに入れておく

★ローリングストック法とは?
日常の中に食料備蓄を取り込むという考え方で、災
害時に備えて普段から加工食品などを多めに購入し
ておき、日常的に利用して、使ったら買い足すとい
う行為を繰り返し、常に一定量の新しい食料を備蓄
しておく方法です。
賞味期限が1年程度のレトルト食品やフリーズドライ
食品など好みに合わせた食品が選択でき、災害時に
も普段食べ慣れたものを食べることができるという
利点があります。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
連絡方法の確認
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

災害時においては、家族の安否を確認するための通
話等が集中するため、電話がつながりにくくなりま
す。そのような状況において安否確認を行う方法を
確認しておきましょう。

◆災害用伝言ダイヤル「171」
加入電話、ISDN、携帯電話、PHS、公衆電話から電
話番号を入力して、安否情報を音声で録音、確認す
ることができます。

◆災害用伝言板(Web171)
パソコンやスマートフォン等からインターネットを
利用して安否情報の登録、確認を行うことができま
す。災害用伝言ダイヤル「171」と連携しており、
相互に確認が可能です。

◆災害用音声お届けサービス
各携帯電話・PHS会社が提供するサービスで、専用
アプリケーションをインストールしたスマートフォ
ン等の対応端末から、同じ通信事業者の対応端末に
音声メッセージを送信することができます。

◆スマートフォンのアプリケーションを活用する
Twitter、LINE、Facebook、Skype、Yahoo!防災速
報、goo防災アプリなどをインストールしておくと、
家族との連絡、安否情報の確認などができます。

家族が離ればなれになったときの連絡方法や避難場
所を事前に確認しておきましょう。

 ●○●——————————————————
特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
メールマガジン配信係 鈴木真由美
〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル
TEL:03-3661-0175
E-mail:news@japa.org
Homepage:http://www.japa.org/
——————————————————-●○●

FAX申込用紙