ゆず薬局

健康情報のご紹介

【健康管理士一般指導​員】メールマガジン2​019年6月号

(※メールマガジンの内容はゆず薬局で抜粋して掲載しています。)

こんにちは。
日本成人病予防協会です。

梅雨の時期特有の寝苦しさは、室温と80%を超え
る湿度の高さが関係しています。
快眠のために最適とされる環境は「室温26℃以下」
「湿度50~60%」です。
エアコンの除湿機能などを使用して、室内環境を
改善することで睡眠の質を高め、体調を整えるこ
とにつながります。

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#
≪旬の食材≫
旬の食材は美味しく、栄養価も高くなります。
旬の食材を取り入れて、健康づくりに役立てまし
ょう。

●しじみ(蜆)
しじみは、「肝臓の特効薬」と言われるように、
肝機能を高める作用のあるメチオニン、タウリン、
ロイシンなどの必須アミノ酸が含まれています。
また、カルシウムやマグネシウム、鉄分、亜鉛な
どのミネラルを他の貝類よりも多く含んでいます。
鉄分はレバーに匹敵するほどの含有量で、鉄分が
不足しがちな女性や妊娠中の方にもおすすめの
食材です。ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12
などのビタミンB群も豊富に含まれています。

●オクラ
独特のぬめりの成分はガラクタンやアラバン、
ペクチンといった食物繊維です。これらの成分に
は、整腸作用があり、またコレステロールを低下
させる、血糖値の上昇を抑えるなどの作用があり
ます。その他にも、オクラはカルシウム、鉄、
βカロテン、ビタミンCなどを多く含み、栄養価も
高いので、夏バテ予防としても適した食材です。
栄養素を無駄なく取るためには、生のままか、
ゆで時間を短めにするのがポイントです。

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
1. 新聞掲載健康関連情報      new!!
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

読売新聞、朝日新聞に掲載された健康関連の新着
情報を月に1度お送りします。
是非、ステップアップにお役立て下さい!

●スマホ「禁煙アプリ」、効果を確認…自宅や職場
で支援可能(2019年5月31日 読売)
医療ベンチャー企業「キュア・アップ」(東京都)
と慶応大は30日、スマートフォン(スマホ)で使う
ニコチン依存症の治療用アプリの有効性を、治験で
確認したと発表した。医療機器として承認を得るた
め国に審査を申請中で、承認されれば治療用アプリ
として国内初となる。同社は2020年の保険適用を目
指している。治療用アプリは、患者が毎日入力する
呼気中の一酸化炭素濃度などのデータを基に、スマ
ホ画面に「ガムをかみましょう」などと禁煙を支援
する助言を表示する。

●整形外科のロボット支援手術に初の保険適用
(2019年6月5日 読売)
医療機器メーカーの日本ストライカーは、6月1日付
で、ロボティックアーム手術支援システム「Mako
(メイコー)システム」を用いた人工股関節手術へ
の保険適用を取得した。同システムは、日本で初め
て承認された整形外科分野でのロボティックアーム
手術支援システム。2017年10月に薬事承認を取得し
ている。保険適用されたのは、人工股関節全置換術。

●紫外線で傷ついたDNA、修復するしくみ解明
(2019年6月19日 朝日)
神戸大や大阪大、東京大などの研究チームが、紫外
線でDNAが傷ついたときに修理役のたんぱく質が傷
を素早く見つけ、修復する仕組みを突き止めた。
英科学誌ネイチャーに論文を発表した。皮膚がんの
予防薬などにつながる可能性があるという。

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
2.健康コラム【 手足口病ってどんな病気? 】 new!!
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

手や足、口の中に発疹ができる手足口病の患者が西
日本を中心に増加しています。
過去10年の同時期では、患者数が最も多く、夏場の
本格的な流行に備え、専門家が注意を呼びかけてい
ます。
手足口病とはどのような病気か確認しておきましょう。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
手足口病の原因と症状
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

手足口病は夏季を中心に流行するウイルス性の
感染症です。
原因ウイルスは「エンテロウイルス」と「コクサッ
キーウイルス」で、複数の種類があるため何度もか
かる可能性もあります。
患者は、5歳未満の小児が大部分を占めますが、
近年では大人の感染例が増加し、重症化する例も増
えています。

<症状>
ウイルスに感染すると3~7日間の潜伏期間を経て、
症状が現れます

●風邪のような寒気やのどの痛み、発熱
子どもは発熱しても高熱になることはまれですが、
大人は40度近い高熱が出ることがあります。

●口の中や手足に発疹が現れる
白っぽい水ぶくれのような発疹が現れます。
口内の発疹には痛みやかゆみが出やすく、特に
大人の方がひどくなる場合が多いです。

●口内炎ができる
口内の水疱がやぶれて口内炎になると痛みが出て、
食事や水分が取りにくくなり、脱水症状を起こす
ことがあります。

手足口病に対する特効薬はなく、粘膜保護剤の軟膏
や口内炎に対して鎮痛薬などが処方されます。
発疹の多くは1週間程度で自然に治癒しますが、
大人の場合は2~3週間ほどかかる場合もあります。

まれに髄膜炎、脳炎などの合併症を起こすことがあ
るため注意が必要です。
また、症状が治まっても2週間から1カ月は人にうつ
ることがあるので気をつけましょう。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
手足口病の感染経路と予防法
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

手足口病に有効なワクチンはありません。
また、感染した場合にも特効薬がないため、感染
経路を把握し、しっかり予防することが大切です。

<感染経路>
●飛沫感染(ひまつかんせん)
くしゃみや咳の飛沫によって感染する。

●接触感染
唾液や鼻水に含まれるウイルスが、目、鼻、口な
どの粘膜から感染する。ドアノブ、手すり、
便座、おもちゃなどを介して感染しやすい。

●糞口感染(ふんこうかんせん)
便の中に排泄されたウイルスが口から入り感染す
る。トイレの後、手洗いが不十分なまま食べ物を
扱うことで感染する。特におむつ交換などで起こ
りやすい。

<予防方法>
●手洗いとうがいを徹底しましょう
●マスクを着用しましょう
●タオルの共用を避けましょう
●乳幼児のおむつ交換時は、使い捨てゴム手袋を着
用し、交換後はしっかりと手洗い、手指の消毒を
しましょう
●子どものおもちゃの貸し借りに注意し、念入りな
洗浄と消毒を行いましょう

また、夏バテやストレスなどにより免疫力が落ちて
いるとウイルスに感染しやすくなるので、日ごろか
ら規則正しい生活を心がけ、予防に努めましょう。

 ●○●——————————————————
特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
メールマガジン配信係 鈴木真由美
〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル
TEL:03-3661-0175
E-mail:news@japa.org
Homepage:http://www.japa.org/
——————————————————-●○●

カテゴリー: 講座のご案内 2019.06.24
FAX申込用紙