ゆず薬局

お知らせ

【健康管理士一般指導​員】メールマガジン2​015年3月号

(※メールマガジンの内容はゆず薬局で抜粋して掲載しています。)

こんにちは。
日本成人病予防協会です。

暖かい日が多くなり、一気に春らしくなりましたね。
急激に上がる気温や日照時間の変化が、知らず知らずに体の負担
となったり、新たな環境への対応などで気付かないうちにストレ
スを感じ、自律神経のバランスが崩れやすくなります。
規則正しい生活を心がけ、心身をリラックスさせて、冬の体から
春の体に切り替わる時期を上手に乗り切りましょう。

また、春は新しいことを始めるチャンスです!
好きなことや興味のあることなど、何か新たなことにチャレンジ
してみてはいかがでしょうか。
#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=
≪旬の食材≫
旬の食材は、おいしく、栄養価も高く、しかも経済的です。
本来の収穫時季にとれたものを食べるのは、体調を整えるため
にも大切なことです。
「旬」の食材を取り入れて健康づくりにも役立てましょう。
※旬の時期は地方や天候により前後します。

●さやえんどう
さやえんどうは、えんどう豆を若いうちに採り、さやのまま
食べる緑黄色野菜です。別名「絹さや」とも呼ばれています。
糖質の代謝を助け、疲労回復にも働くビタミンB1、コラーゲン
の生成を助けたり免疫を強化したりする働きのあるビタミンC、
血糖値やコレステロールをコントロールする作用のある食物繊
維が豊富に含まれています。また、必須アミノ酸であるリジン
も豊富に含まれています。リジンは体の組織の修復を促し、
成長を助け、肌の組織を整える働きがあります。

●数の子
数の子は鰊(にしん)の卵で、産卵期に当たる3~4月が旬です。
魚卵はコレステロールが多く含まれているというイメージがあ
りますが、数の子のコレステロールは鶏卵の3分の2以下です。
一方、多価不飽和脂肪酸のEPA、DHAの含有量が多いので、体内
でのコレステロールの合成を抑え、体外への排出を速める作用
があり、動脈硬化の予防に役立ち、脳機能にも良い食材です。

●イチゴ
イチゴに含まれるビタミンCは100gあたり50~100mgと、果物
の中ではトップレベルです。中程度の大きさのイチゴ7~8粒で
1日に必要なビタミンCを取ることができます。
ビタミンCは、コラーゲンの生成を促し、シワを予防する作用
や、メラニンの生成を抑えシミを予防する働きがあります。
肌の悩みを抱えている人におすすめです。
またイチゴには、整腸作用をもつ水溶性食物繊維のペクチン、
ナトリウムの排せつを促し高血圧を予防するカリウム、虫歯予
防効果があるキシリトールなども含まれています。

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
1. 新聞掲載健康関連情報      new!!
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

朝日新聞・読売新聞に掲載された健康関連の新着情報を月に1度
お送りします。
是非、ステップアップにお役立て下さい!

●iPSで強い軟骨組織…スポーツ障害治療に光
(2015年2月27日 読売)
人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、強度の高い軟骨組織
を作ったと、京都大iPS細胞研究所の妻木範行教授らのチーム
が発表した。ミニブタに移植して関節で機能することも確認し
たとしており、スポーツで膝などの関節の軟骨を痛めた患者を
対象に、4年後をメドに再生医療の臨床研究を目指す。

●WHOが砂糖新指針…炭酸飲料1缶でも超える
(2015年3月5日 読売)
世界保健機関(WHO)は、成人が1日に取る砂糖をティースプー
ン6杯分の25グラム程度に抑えることを奨励する砂糖摂取の新
指針を発表した。砂糖の取りすぎを抑えることで、肥満や虫歯
を防ぎ、慢性疾患の予防にもつなげることが狙い。これまで
WHOは、食物から取り込む熱量(カロリー)のうち砂糖の割合
を10%以下にする目標を掲げてきたが、新指針は5%以下にする
ことを求めた。これにより成人にとっての適量は、従来の50グ
ラム程度以下から半分に減る。たとえば炭酸飲料1缶(350ミリ
リットル)には 砂糖が約40グラム含まれ、軽く超える。WHO
はケチャップなど加工食品に含まれる砂糖の量にも注意が必要
だと強調している。

●全国初…商議所が中小企業の健康支援(2015年3月14日 読売)
東京都の立川商工会議所は12日、中小企業の従業員らの健康管
理を支援する事業を新年度から始めると明らかにした。健康機
器メーカーのタニタ(板橋区)と連携し、従業員らの健康維持
を図る。商議所がこうした事業を行うのは全国初という。
具体的には、タニタの専用機器を従業員らに配り、歩数や消費
カロリーなどを集計。各データを専用サイトで確認できるよう
にし、同社が望ましい体づくりについて助言する。2015年度
は、同商議所が50社500人を選び、試験的に事業を開始。16年
度は規模を拡大し、17年度は全ての会員事業所に広げたい考え。
セミナーも開催し、事業の内容や成果などを伝えていく。

●倒れた時、付近の人の携帯にアラーム ドコモと和歌山県、
SOSアプリ開発(2015年3月16日 朝日)
急病で倒れたり、大けがをしたりした時に近くにいる人の携帯
電話にアラームで知らせ、駆けつけてもらう。そんなスマート
フォン向けアプリをNTTドコモと和歌山県が共同で作り、今月か
ら提供を始める。自治体が協力する初の試みで、ドコモは同様
の展開を全国で目指している。アプリは「My SOS」。119番通
報をして救急車が到着するまでの間の応急手当てを要請するも
のだ。本人や周囲の人がスマホのアプリを起動して救援依頼を
送ると、半径300~500メートル内にいるアプリ登録者で要請を
受けることを事前承諾している人に「救援依頼がありました」
と音や画面で通知。画面の地図上に依頼があった場所や近くの
自動体外式除細動器(AED)が表示される。

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
2.健康コラム【心房細動は脳梗塞のサイン!?】 new!!
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

脳梗塞は脳の血管の病気ですが、脳梗塞の原因として「心房細
動」が挙げられることをご存知でしょうか?
最近では、不整脈のひとつである「心房細動」による脳梗塞が
増えているといわれています。
脳梗塞のサインともいえる、「心房細動」について知っておき
ましょう。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
心房細動とは
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

心房細動は不整脈の一種で、心臓の心房がけいれんするように
震えて、規則正しい拍動ができなくなった状態のことをいいます。

正常な心臓は、1分間に60~80回の収縮と拡張を繰り返し、血
液を全身に送り出しています。
その規則正しいリズムは、心臓の右心房にある同結節がペース
メーカーの役割をし、電気信号を正確に出すことによって生ま
れます。
ところが、何らかの原因で電気信号が乱れると、心房が不規則
に震えてうまく収縮できなくなります。
心房細動が起こると心房の拍動数は1分間で300回以上になり、
心臓は速く不規則に拍動します。

<症状>
・胸が苦しい
・階段や坂を上るのがきつい
・息が切れやすい
・疲れやすい
・めまい、ふらつき

全く症状が現れないこともあり、必ずしも生命に関わる危険な
不整脈ではありません。
しかし、近年、心房細動は脳梗塞の重要なリスクとして認識さ
れるようになっています。

<心房細動の原因>
加齢のほかに高血圧、糖尿病、拡張型心筋症や心筋肥大など
心疾患によって引き起こされることがあります。
また、ストレス、過労、睡眠不足、暴飲暴食、アルコールや
カフェインの過剰摂取、喫煙なども心房細動の引き金となります。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
心房細動と脳梗塞の関係
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

心房細動は、一定のリズムで拍動するはずの心房が細かく不規
則に動くため、心臓の中で血液がよどんで、血栓ができやすく
なります。
それが血流に乗り、脳の血管を詰まらせて脳梗塞を引き起こす
原因となります。

心房細動が原因で起こる脳梗塞は、重症になることが多く、
半分以上の方が亡くなるか、半身まひで要介護状態に陥
ります。
また、無症状のことも多いため、前日まで元気だった人に、
突然起こるというのが怖いところです。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
心房細動の予防
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

心房細動は、高齢者に起こりやすいですが、30~50歳代の働き
盛りの方が経験することも珍しくありません。
例えば、ストレスや睡眠不足が続いたときなどに、軽い心房細
動を起こすことがあります。「疲れかな」という程度で済ませ
てしまう方が大半ですが、心房細動を放置していると、次第に
回数が増え、くり返す状態になる可能性があります(慢性心房細動)。

慢性化すると、血栓ができる危険性も高くなります。その結果、
ある日突然脳梗塞を起こすというケースが多いのです。
また、心房細動には、発作性といって、いきなり脳梗塞につな
がるタイプがあります。その場合でも、自覚症状がないまま過
去に心房細動を起こしていた可能性があります。

一般に、高血圧や糖尿病、心疾患のある方は心房細動を起こし
やすいとされているので、定期的に検査を受けることが大切です。

仕事や家事が忙しいときなどは、心臓に大きな負担がかかり、
心拍の調節機能にも悪影響を及ぼします。
心房細動の症状がみられたら、たとえすぐに治っても軽く考え
ずに、「心臓からのサインだ」と思い、生活全般を見直しまし
ょう。

          資格取得説明会続々開催中!!
■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

各地で資格取得説明会を開催しています。
皆様のまわりに、健康管理士一般指導員資格に興味をお持ちの
方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご紹介ください。

詳細はコチラ⇒ http://www.healthcare.or.jp/shikaku/

    食のポータルサイト「食 Do!」毎月更新中☆
■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「食 Do!」は、家庭や仕事で中心を担う忙しい世代の女性達に
向けた食のポータルサイトです。
食を知って、食の力を味方につけて、
さらに大人の女力をアップさせてみませんか?

詳細はコチラ⇒ http://www.shoku-do.jp/

           「健康管理情報」 毎月更新中!!
■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「健康管理情報」は、健康に関する情報をわかりやすくまとめた
コーナーです。
今年は、昨年い引き続き日本の郷土料理を取り上げていきます。
ご自身の健康管理はもちろん、指導などの際にもぜひご活用ください。

「健康管理情報」はこちら ⇒ http://www.japa.org/kk_jyouhou/

 ※ 毎月月末に更新しております

●○●———————————————————
特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル
TEL:03-3661-0175
E-mail:news@japa.org
Homepage:http://www.japa.org/
———————————————————-●○