ゆず薬局

お知らせ

【健康管理士一般指導​員】メールマガジン2​020年2月号

(※メールマガジンの内容はゆず薬局で抜粋して掲載しています。)

こんにちは。
日本成人病予防協会です。

季節の変わり目は、寒暖差が激しく、自律
神経のバランスが崩れ、体調不良を起こしや
すくなります。

生活のリズムを整え、リラックスタイムを
設けるなど、体と心のストレスを減らし自律
神経を整えるように努めましょう。

また、ウイルス感染予防のために、手洗いや
うがいを徹底しましょう。

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#
≪旬の食材≫
旬の食材は美味しく、栄養価も高くなります。
旬の食材を取り入れて、健康づくりに役立てまし
ょう。

●みつば
ビタミンCやカロテン、カルシウム、鉄分などが
豊富に含まれ、貧血予防や風邪、肌荒れ、生活習
慣病の予防におすすめです。特に春に収穫された
「根みつば」は、年中出まわっている「切りみつ
ば」よりも栄養価が高く香りも強いのが特徴で
す。また、みつばにはミツバエンやクリプトテー
ネンなど特有の香り成分が含まれ、食欲増進、
消化促進に高い効果があります。香り成分には神
経を静める働きもあり、イライラを解消する効果
も期待できます。

●ニシン
別名「春告魚(はるつげうお)」とも呼ばれる春
が旬の魚です。ビタミンB12、ビタミンD、カルシ
ウム、鉄分、DHA、EPAなどの栄養素が豊富に含ま
れています。DHAは脳細胞を活性化させ、記憶力
や学習能力の向上に期待ができます。ニシンは、
鮮度の落ちやすい魚なので、生食には向いていま
せん。数の子は、ニシンの卵を海水で血抜きをし
て、水洗いをしてから塩漬けにしたものです。

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
  1. 新聞掲載健康関連情報 new!!
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

読売新聞、朝日新聞に掲載された健康関連の新着
情報を月に1度お送りします。

●新型肺炎、相談・受診の「目安は2つ」…
厚労相が発表(2020年2月17日 読売)
加藤厚生労働相は17日、新型コロナウイルス感染症
について、相談・受診をする際の目安を発表した。
〈1〉風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く
〈2〉強いだるさや息苦しさがある――のどちらか
に当てはまる場合、「帰国者・接触者相談センター」
に電話してほしいとしている。また、〈1〉高齢者
〈2〉糖尿病、心不全、呼吸器疾患といった基礎疾
患がある、人工透析を受けている〈3〉免疫抑制剤
や抗がん剤を使っている――のいずれかに該当する
人は重症化しやすいため、相談・受診の目安となる
症状が2日程度続けば、同センターに電話するよう
勧めている。

●がん細胞の中から放射線治療 頭頸部がんで
保険適用へ(2020年2月20日 朝日)
がん細胞の中で核反応を起こして細胞を壊す、新た
な放射線治療「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」の
装置の製造販売が19日、厚生労働省の部会で了承さ
れた。手術や従来の放射線治療が難しかった、頭頸
部のがん患者の選択肢が増えると期待されている。
対象は手術で取ることができず、転移していない耳
下腺がんなどの頭頸部がん。機器は3月中に承認さ
れ、新年度に保険が適用される見通し。

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
 2.健康コラム【正しい手洗いで感染症を予防しよう】 new!! 
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

日本においても新型コロナウイルスによる肺炎患者
が相次いで報告されています。
厚生労働省は、季節性インフルエンザと同様にマス
クの着用を含む咳エチケットや手洗いなどの感染症
対策に努めるように求めています。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
     コロナウイルスとは
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

コロナウイルスは、風邪などの呼吸器感染症を起こ
すウイルスで、人に感染するものは6種類あること
が分かっています。そのうち2つは、中東呼吸器症
候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)な
どの重症化傾向のある疾患の原因ウイルスですが、
残りの4種類のウイルスは、感染しても通常の風邪
などの重度でない症状にとどまります。
新型コロナウイルスは、過去に人で感染が確認さ
れていなかった新種のコロナウイルスです。

<新型コロナウイルスの特徴>
【主な症状】
発熱、のどの痛み、長引く咳、強い倦怠感 など

【感染経路】
●飛沫感染
感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒に
ウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口
や鼻から吸い込んで感染する。
(満員電車、劇場などの人が多く集まる場所)

●接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手
で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人が
その物に触ってウイルスが手に付着し、その手で
口や鼻を触って感染する。
(電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど)

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
  感染症予防の基本
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

新型コロナウイルスを含む感染症予防の基本は、
「手洗い」と「咳エチケット」です。
ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れる
ことにより、手にウイルスが付着している可能性
があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、
食事前などこまめに手を洗いましょう。

<正しい手洗いの方法>
1.流水で手をよくぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよく洗う
2.手の甲、指の背を洗う
4.指の間、付け根を洗う
5.親指と親指の付け根のふくらんだ部分を洗う
6.指先を洗う
7.手首を洗う
8.石けんを十分な流水でよく洗い流す
9.ペーパータオルなどで水気を完全に拭き取る
10.アルコール製剤を手指全体にすり込み消毒する
1~8までの手順を2度繰り返すと効果的です。

●洗い残しの多い部分
指先、指の間、親指の周り、手首、手のしわ

<咳エチケット>
くしゃみや咳が出るときは、次のような点に注意しましょう。
・マスクを着用する
・マスクを持っていない場合は、ティッシュや
 腕の内側などで鼻や口を覆い、他の人から顔をそむける。
・周囲の人からなるべく離れる

<その他の感染症対策>
・適度な湿度を保つ
 空気が乾燥していると、のどの粘膜の防御機能が低下します。
 乾燥しやすい室内では加湿器などを使って適度な湿度(50~60%)を保ちましょう。

感染症にかからないためには、栄養バランスの
良い食事、十分な休養など規則正しい生活を送
り、免疫力を高めておくことも大切です。

●○●——————————————————
  特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
メールマガジン配信係 鈴木真由美
  〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル
  TEL:03-3661-0175 
  E-mail:news@japa.org
  Homepage:http://www.japa.org/
——————————————————-●○●

カテゴリー: お知らせ 2020.02.25