ゆず薬局

お知らせ

【健康管理士一般指導​員】メールマガジン2​020年4月号

(※メールマガジンの内容はゆず薬局で抜粋して掲載しています。)

こんにちは。
日本成人病予防協会です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、生活
が大きく変化している方や不安を抱えて生活を送っ
ている方が多いかと思います。知らない間に緊張感
が続くことによって、疲れを感じている方が多いの
ではないでしょうか。

好きな音楽を聴いたり、ラベンダーなどリラックス
効果のあるアロマを使用したり、室内でも適度に体
を動かしたりするなどストレスをためないようにし
ましょう。

また、手洗い、消毒、人が密集する場所を避ける、
咳エチケットなど感染症予防対策を引き続きしっ
かり行いましょう。

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#
≪旬の食材≫
旬の食材は美味しく、栄養価も高くなります。
旬の食材を取り入れて、健康づくりに役立てまし
ょう。

●アジ(鯵)
ビタミンA・B・E、カルシウム、カリウム、タウ
リンなど様々な栄養素がバランスよく含まれてお
り、子どもの成長や健康の維持、美肌に効果的な
魚です。アジの脂質には、脳の発育や機能の維持
に重要なDHAや、コレステロールや中性脂肪を低
下させる働きのあるEPAが豊富に含まれています。
さらに、カルシウムとともにイライラを抑制する
作用のあるビタミンB1も含まれ、ストレス予防に
も効果的です。

●アスパラガス
βカロテンが多く含まれ、皮膚や粘膜を健康に保
ち、美肌効果があるほか、眼の機能を正常に保ち、
夜盲症(とりめ)を予防する作用があります。
また、主成分でアミノ酸の一種であるアスパラギ
ン酸には新陳代謝を促すとともに、タンパク質合
成を高める効果があり、滋養強壮や疲労回復、ダ
イエットに効果的です。アスパラガスの穂先部分
にはルチンという成分が含まれており、血管を丈
夫にし、高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
  1. 新聞掲載健康関連情報 new!!
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

読売新聞、朝日新聞に掲載された健康関連の新着
情報を月に1度お送りします。

●消毒用は酒などで代替可、厚労省が見解
「手洗いが確実」(2020年4月14日朝日)
新型コロナウイルスの感染拡大で消毒用アルコール
が不足していることを受け、厚生労働省は、アルコ
ール度数の高い酒や高濃度の工業用エタノールで代
替できるとする見解を示した。
ただ、「手洗いの方が確実。自分で手を洗えない寝
たきりの人など、やむを得ない場合に限る」として
いる。

●がん5年生存率、2ポイント上昇の64%…
早期発見なら92%(2020年4月15日読売)
国立がん研究センターは15日、2009~11年にがんと
診断された患者の5年生存率が64.1%だったと発表
した。前回調査と比べて2.0ポイント上昇した。
部位別で5年生存率が高い群(70%以上)は、男性
が前立腺、皮膚、甲状腺、喉頭、膀胱など、女性は
甲状腺、皮膚、乳房、喉頭、子宮体部などだった。
一方、低い群(40%未満)には男女ともに、膵臓、
胆のう・胆管、脳・中枢神経系(脳腫瘍など)など
が入った。

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・
 2.健康コラム【免疫のしくみ】 new!! 
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥‥・★

人間の体には、細菌やウイルスなどの病原体から
身を守る免疫力が備わっています。
しかし、免疫力が低下すると、感染症にかかりやす
くなるだけでなく、症状が悪化するリスクも増えて
しまいます。
免疫力を高めて感染症を予防するためにも、免疫力
とはどのようなものかを再確認しましょう。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
     免疫とは
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

人間の免疫機能は、多くの生物が持っている先天性
の「自然免疫」と、高等動物にしか備わっていない
後天性の「獲得免疫」の二段構えとなっています。
この免疫機能を担っているのが、血液中の「白血球
」です。白血球はさまざまな役割を持った多種類の
免疫細胞で構成されており、それらが緻密な連携を
組んで異物と戦っています。

<自然免疫>
生まれつき体内に備わっている免疫のしくみで、
生体防御の最前線に位置しています。血液中をパト
ロールし、侵入してきた異物をいち早く感知し攻撃
します。さらに、異物の情報を獲得免疫に伝える
役割もあります。

●主な免疫細胞
・樹状細胞
・マクロファージ
・顆粒球
・NK(ナチュラルキラー)細胞

<獲得免疫>
強力な攻撃力を持ち、自然免疫を突破して侵入して
くる異物を的確に攻撃するほか、異物の特徴を記憶
することで、再び同じ異物が侵入してきた際に即座
に排除する働きを持ちます。

●主な免疫細胞
・T細胞
・B細胞

【ワクチンによる予防接種】
免疫のしくみを利用したのが、ワクチンによる予防
接種です。感染力を弱くした病原体を注射して、
獲得免疫として記憶させておき、同じ病原菌が体内
に侵入しても感染するのを防いだり、あるいは病気
になっても症状が軽く済んだりなどのメリットがあります。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
      免疫力低下の原因
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

免疫細胞の働きが弱まり免疫力が低下すると、
感染症にかかりやすくなったり、重症化しやすくなります。

<免疫力低下の原因>
加齢による免疫細胞の機能低下
ストレスによる自律神経のバランスの乱れ
睡眠不足
栄養バランスの乱れ
疲労
運動不足
喫煙
過度の飲酒  など

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★
   免疫力を高めるためのポイント
☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

●体を温める
体温が低いと免疫細胞の働きが弱まります。特に
平熱が36度以下の人は体を温めるようにしましょう。
・ぬるめのお湯でゆっくり入浴する
・体を温める食べ物を取るようにする
 ショウガ、唐辛子、ニンニク、長ネギなど
・適度な運動を行う

●腸内環境を整える
免疫細胞の多くが小腸に集まっているため、腸内
環境を整えることが大切です。
そのためには、腸内の善玉菌を増やすことが必要です。
・ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品、食物繊維や
 オリゴ糖などを積極的に取る

●十分な睡眠
睡眠不足は免疫力低下の原因になります。
十分な睡眠を心がけましょう。

●○●——————————————————
  特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
メールマガジン配信係 鈴木真由美
  〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル
  TEL:03-3661-0175 
  E-mail:news@japa.org
  Homepage:http://www.japa.org/
——————————————————-●○●

カテゴリー: お知らせ 2020.04.21